即日でお金を作る方法や正しいお金の作り方を紹介

お金を作るガイド

お金借りて作る

家族から確実にお金を借りられる4つのポイントや注意点を解説します!

投稿日:

お金に困ったとき、まず最初に頼りにするのが「家族」です。

家族からお金を借りるのはごく一般的なことですし、友人や知人など他人から借りるよりもトラブルが少ないと考える方も多いでしょう。

「家族からお金を借りたいんだけどどうしたらいいかな?」
「確実に借りる良い方法はない?」

といった声もよく耳にします。

そこで本記事は家族からお金をどうしても借りたい人に向けて、お金を借りる方法やポイント、注意点などを詳しく紹介していきます。

この記事を読めば、家族からスムーズにお金を借りられるようになるでしょう。

お金に困っている方、家族に頼ろうと思っている方はぜひ参考にしてください。

家族からお金を借りるにはどうすればいいのか?

家族からお金を借りる

それでは家族からお金を借りるための方法を見ていきましょう。

まず誰に相談すればいい?相談するべきおすすめの順番

お金の相談はとてもデリケートな問題。

それだけに、家族の中で誰に相談するか順番を決めておいた方が良いでしょう。

おすすめの相談順は次になります。

  1. 兄弟姉妹
  2. 祖父母
  3. 両親

それでは具体的な内容をみてみましょう。

兄弟姉妹

年が近かったり、仲の良い兄弟姉妹がいるなら、優先順位が高くなります。

より気軽に相談できますし、あっさりOKがもらえるケースも多いです。

「兄弟は自分と近い存在なだけに、逆に相談しづらい…」という方もいらっしゃるでしょうが、だからこそお金の悩みに答えてくれるとも考えられますよね。

祖父母

「できるだけ内密にお金を借りたい…」という方は祖父母に相談すると、内緒で貸してもらえることも多いです。

「孫は目に入れても痛くないほど可愛い」とはよく言ったもので、多くのおじいちゃん、おばあちゃんは孫のために力を尽くしたいと考えているもの。

もちろん金額にもよりますが、困っていることがあれば両親よりも先に祖父母に相談した方が良い結果につながりやすい多い傾向にあることを覚えておいてください。

両親

最終手段として両親への相談を検討しましょう。

可能なら父親よりも母親にまず相談するのが良いです。

場合によっては怒られることもあるでしょう。

なぜお金がないのか問い詰められることも考えられます。

それでも「息子・娘のために力を尽くしてあげたい!」と考えるのが親というものです。

確実に家族から借りるための4つのポイント

確実に家族からお金を借りるためには次の4つのポイントを意識することが大事。

  • お金を借りたい理由や用途をはっきりと説明する
  • 借用書を作成して絶対に返す誠意を見せる
  • 利息を少しでも付ける
  • いつまでにいくら返済するか、完済はいつか決めておく

ここからはお金を借りるためのポイントの詳細をみていきましょう。

お金を借りたい理由や用途をはっきりと説明する

特に理由もなく「お金を貸して欲しい」といったところで、まともに取り合ってもらえない可能性は十分考えられます。

それなら正直に「どんなことが起こり、なぜお金が必要なのか」「具体的にいくらくらい必要なのか」をはっきりと説明することが重要。

例えば「ギャンブルが理由で」「風俗にはまってしまって」といった理由だと呆れられることもあるでしょう。

しかしやむを得ない理由だったり、緊急性の高い理由なら説得に応じてもらえやすくなります。

借用書を作成して絶対に返す誠意を見せる

「家族なんだから口約束でも十分でしょう」と甘く考えているようでは、スムーズにお金を借りるのは難しいです。

きちんと書面にする、絶対に返す誠意を見せることが大事。

約束だと「〇〇日までに返すって言ったでしょ!」「〇〇万円貸したよね?」と言った、言ってないの水掛け論に発展してしまう可能性も。

しかもこちらは借りている立場なだけに、無茶な言い分を押しつけられる恐れも考えられます。

誠意を見せる姿勢だけでなく、こういった水掛け論を避ける目的も含めて、借用証を作成するのは重要なポイントです。

利息を少しでも付ける

貸金業者からお金を借りるように、利息を少しでもつけてお金を返すようにすると、借りやすくなる傾向にあります。

たとえ家族でも、貸した分にプラスアルファがついてくると誰だって嬉しいものです。

また、利息がつくことで、お金を貸すこと自体に価値が出てきます。

お金を借りるのが今回限りでない可能性があるなら、なおさら利息を検討するべきでしょう。

いつまでにいくら返済するか、完済はいつか決めておく

借りた側よりも、貸した側の方が借金のことを覚えているのはよくある話。

「貸したことなんて忘れているだろう」と甘く考えるのではなく、はっきりと「いつまでにいくら返す」と返済計画を立てることが大事です。

お金を貸す家族からすると、どれくらいを目処にお金が返ってくるのかがわかる安心感がありますし、借りた側も返済期日を設けることで返済への意識を高められます。

また期日までに払えなかった時のことも事前に決めておいた方が良いでしょう。

例えば「最悪、車を売ってでもお金を作って返すから!」と伝えておくだけでも印象が変わるものです。

家族からお金を借りる際の注意点

お金を借りる際の注意点

ここからは家族からお金を借りる際に覚えておきたい3つの注意点を紹介します。

  • 家族間の金銭トラブルは逃げられない
  • 用途が不明確だと借りられない
  • 諦めも肝心

各注意点の内容をみてみましょう。

家族間でお金のトラブルを抱えてしまうと一生付きまとうので注意

家族は切っても切れない関係だからこそ、金銭トラブルが厄介な事態に発展しかねません。

他人のように「2度とかかわらない」という選択肢が取りづらいだけに、お金のトラブルが発生すると一生つきまとうことに!

借りた以上は必ず返す。

家族からお金を借りる鉄則です。

使う用途が不明確な場合は借りられない場合が多い

娯楽目的だったり、ギャンブル目的だったり…と借りたお金の使い道に緊急性・重要性がなければ、借りられない場合が多いです。

「生活費が足りなくて、満足に食事ができていない」
「光熱費が払えず、ずっと電気が止まっている」

といった理由なら対応してもらいやすいので覚えておきましょう。

もちろん嘘をついてまでお金を借りるのは考えもの。本当に必要な時は家族に相談する!くらいの心づもりでいましょう。

しつこく言いすぎないようにする

いくら家族とはいえ、しつこくお金を貸すように催促すると「どの立場から言っているんだ?」と嫌がれるケースが考えられます。

印象が悪くなればその分借りられる可能性がもっと下がることになりかねません。

2、3回言っても応じてもらえないなら、潔く諦めて、消費者金融や銀行のカードローンを検討するのが良いでしょう。

まとめ

今回は家族からお金を借りる方法やポイント、注意点などを紹介しました。

要点をおさらいしましょう。

  • 兄弟→祖父母→両親の順に相談するのがおすすめ
  • 家族とはいえ借りた以上はちゃんと返す
  • どうしてお金が必要なのか理由を用意する

以上3点が挙げられます。

「どうしてもお金を準備しなくちゃいけないんだけど、誰に頼れば…」
「どうすれば家族を説得してお金を借りられるかな?」

といった方は、この記事を参考にして、家族にお金を貸してもらえないか相談してみてくださいね。

どれだけ説得力を持たせられるかがカギになるので、相応の理由を準備しておきましょう。

-お金借りて作る

Copyright© お金を作るガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.