即日でお金を作る方法や正しいお金の作り方を紹介

お金を作るガイド

危険なお金の作り方

ギャンブルでお金は作れない!4つの危険性と思い留まって考えてほしい2つのこと

更新日:

日本は世界的に見てもギャンブル大国だといわれています。

そこら中にパチンコ店があり、競馬や競輪、競艇も盛ん。

お金に困っていると

「一か八かギャンブルで勝てば大丈夫!」
「正しく立ち回れば勝てるから!」

とギャンブル頼みの間違った判断を下してしまうこともあります。

そこで本記事は、ギャンブルでお金を作ることはできるのか、ギャンブル以外でお金を作る方法などを紹介していきます。

この記事を読めば、ギャンブルの怖さを理解し、少なくともギャンブルでお金を稼ごうという気持ちはなくなるでしょう。

今すぐお金が必要でギャンブルを考えている方は、この記事を参考にして、正しい対処方法を心がけてください。

お金を支払って遊戯をしているギャンブル

お金を支払って遊戯

最初に認識して欲しいのが「ギャンブルはお金を払って遊戯している」ということ。

お金を入れて「一か八か当たるか!?」「当たればでかい!」と考えてしまいがちなのですが、はっきり言って減る可能性の方がよほど大きいです。

ここからはなぜギャンブルで稼げないのかを紹介していきましょう。

ギャンブルは主催者が勝つような仕組みになっている

ギャンブルは主催者が勝つ仕組みになっています。

そうでなければ、胴元はあっという間に破産してしまって、誰もギャンブルを提供しなくなりますよね。

日本国内で提供されているギャンブルの各還元率を表にまとめると次のようになります。

ギャンブル名 還元率
パチンコ、パチスロ 80~85%
競馬 70~80%
競艇 75%
オートレース 75%

このように、ほとんどが70%~80%程度の還元率となっています。

還元率とは、掛け金に対して払い戻される割合のこと。

例えば還元率80%のギャンブルなら、1,000円をかけると800円しか払い戻されない計算になります。

ただギャンブルの恐ろしいところは、負けるときは一気に負けて、勝つときは一気に勝つ。

人間ポジティブな出来事の方が印象強いため、トータルで負けていても「この間50,000円勝ったから勝ち越している!」と勝手に勝ち越していると思い込みがち。

しかし長い目で見れば、上の表の還元率に収まるのがギャンブルなんです。

当然負けた金額は胴元の懐を温めることになります。

また、還元率が高いからと言って、勝てる確率が高いというわけではないので、勘違いしないように気を付けましょう。

ギャンブルでお金は作れない!ギャンブルに潜む4つの危険性とは?

還元率から見たギャンブルで勝てない理由のほかに、次の4つの危険性をはらんでいることも覚えておかなくてはなりません。

  • お金や時間そのものを失う
  • ギャンブルにしかお金を使わなくなる
  • 人間関係を犠牲にしてコミュニケーション能力が低下
  • 何も生み出さず、自身の成長を妨げる

それぞれの詳細をチェックしてみましょう。

お金や時間そのものを失う

ギャンブルは一度に使うお金が大きくなりがち。10,000円が当たり前のように一瞬で無くなる世界です。

極端な話、たった1日で1ヶ月分の給料を使い切ってしまう可能性だって十分あります。

また時間的な損失も考慮しなくてはなりません。

例えば「今日はパチスロで20,000円勝った!」と喜んでいたとします。

その人が時給1,000円の仕事をしていて、パチンコ店にいた時間が6時間だとすると、6,000円分の損失になるため、実質勝った金額は14,000円に。

さらに6時間座って、10,000円負けたとすると、実際は16,000円の負けとなります。

もちろん遊び目的でギャンブルを楽しむ分には問題ありません。

しかし、お金を稼ぐためにギャンブルを行うと、お金だけでなく時間の損失にも意識を回す必要があります。

ギャンブルにしかお金を使わなくなる

ギャンブルにはまっている人にありがちなのが、ギャンブル以外にお金を使わなくなることです。

例えば投資の元手を増やすために、無茶な食生活を送っていたり、ボロボロの服をずっと着続けていたり…と人間らしい生活を失ってまでギャンブルでお金を増やすのが正しいといえるでしょうか。

節約することは大事ですし、少しも悪い事ではありません。

しかし、コツコツ貯めたお金を10,000円単位で当たり前のようになくす恐ろしさを冷静に判断できていない人が多く、ギャンブルの危険性を物語っていますよね。

人間関係を犠牲にしてコミュニケーション能力が低下

上記した「お金を使わなくなる」という話にも関係してきますが、人付き合いはとにかくお金がかかるものです。

「飲み会の3,000円がもったいない…!」と人間関係を犠牲にし、ギャンブルにつぎ込むようになるとコミュケーション能力が著しく低下します。

気が付けば1人ぼっち。友達や頼れる人もいない。話すことはギャンブル話のみで全く面白くない。

ギャンブルにはまった人によく見られる光景です。

何も生み出さず、自身の成長を妨げる

ギャンブルで立ち回りを考え、それがうまくいったときは自分の成長を実感できるでしょう。

パチスロならビタ押しなどの技術介入、パチンコなら釘を読めるようになる、など成長の余地が沢山あるのもギャンブルにはまる理由です。

しかし、ギャンブルで培ったスキルを実生活に活かす…となると、驚くほど使えるものが少ないですよね。

ビタ押しができるからといって何か役立つことはあるでしょうか。釘が読めることに意義があるでしょうか。

本当に「稼ぐこと」を考えるなら、ギャンブルにつぎ込む時間を資格取得の勉強や、仕事に打ち込むほうがよっぽど稼げます。

ギャンブルをやり続けると依存症という名の「精神疾患」に陥る

ギャンブルの恐ろしさは「依存症」という名の精神疾患に陥る可能性があるということ。

実際にギャンブル中毒、ギャンブル依存症は社会問題として取り上げられているほど深刻です。

自分の生活を犠牲にしてでも、仕事や学業、家族、友人などの人間関係を犠牲にしてでもギャンブルを続けてしまう。

やめたいのにやめられない。

そんな人はギャンブル依存症に罹っている可能性が非常に高いです。

ギャンブルで勝ち続けることこそが人生の目的となり、それはそれで潔く感じられるのですが、結果お金に困り、頼る人がいなくて…と悲しい結末が目に見えています。

自分がギャンブル依存症なのかをチェックできる有名なテストギャンブル依存症自己診断(SOGS)」をご存知でしょうか。

一度チェックしてみることを強くおすすめします。

ギャンブルでお金を作りたいけど思いとどまって考えてほしい2つのこと

思い留まって考えてほしいこと

「すぐにお金が必要だからギャンブルで一か八か増やす!」と考え始めると、居ても立ってもいられなくなる。

使ってはいけないお金でギャンブルをしたり、ギャンブルのために借金をしてしまうのが良くないと分かっていても、ウズウズする。

そんな思いをとどめるのに、次の2つを考えるのが有効です。

  • ギャンブルに投資するお金で一体何ができるか
  • ギャンブルをする時間を使って何を成し遂げられるか

それぞれ詳しい内容を見てみましょう。

ギャンブルに投資するお金で一体何ができるか

ギャンブルをする人は「この10,000円を30,000円に増やして、欲しいものを買おう!」と勝つことを前提に買い物を考えてしまいがちです。

そこをぐっとこらえ、ギャンブルで勝った後のことを考えるのではなく、今から投資するお金で何を買えるか、何ができるのかを冷静に考えてみてください。

例えば次の3つ。

  • 10,000円あれば家族みんなで楽しく外食ができる
  • 10,000円あれば恋人や配偶者にちょっと良いプレゼントができる
  • 10,000円あれば飽きるほど沢山の漫画が買える

どうでしょう。

ギャンブルでは「たったの10,000円で勝負できるかな?」と少なく感じてしまいますが、ギャンブル以外に目を向けると、10,000円は割と何でもできる金額だと気づかされます。

同時に、10,000円稼ぐ大変さも身にしみますよね。

ギャンブルをする時間を使って何を成し遂げられるか

ギャンブルをする時間は楽しいものですが、ここにかける時間を使って、何を成し遂げられるかを考えてみると、ギャンブルがいかに無駄な時間を過ごしているかを痛感させられます。

例えば毎日5時間、ギャンブルに時間をかけている人(リサーチや情報収集の時間も含めて)を想定してみましょう。

取得の難易度が高いとされる資格と、必要の目安とされる勉強時間目標にまとめると次のようになります。

検定 勉強時間目安
弁護士 6,000時間
公認会計士 3,000時間
司法書士 3,000時間
不動産鑑定士 2,000時間
TOEIC800点 1,000時間
日商簿記1級 800時間
宅地建物取引主任者 400時間
日商簿記2級 250時間

1日5時間ギャンブルにつぎ込む人なら、その時間を勉強に回せば、50日程度で日商簿記2級を取得できる可能性が出ることに!

簿記2級があれば、それなりの仕事が見つかりますし、今よりも給料アップが見込めるでしょう。

もちろん資格取得以外にも、時間をつぎ込むに値することは沢山ありますよね。

持って生まれた容姿や環境、才能は人それぞれ異なります。

中にはどうすることもできないものもありますが、時間だけは万人に平等の24時間です。

この24時間をどう活かすか。

より良い人生を手に入れたいなら、しっかりと考えなくてはならないでしょう。

一か八かの博打はやめて健全にお金を作ることを考えよう!

健全にお金を作る

「ギャンブルでお金を作るのが難しいことはよく分かった。けれどすぐにお金が必要なんだ!」という方もいらっしゃるでしょう。

そこでここからはギャンブル以外でお金を作る、健全な方法を紹介していきます。

借りてお金を作る

最も堅実かつ安心してお金を準備するなら、大手消費者金融や銀行のカードローンを契約するのが一番です。

安全にお金が借りられますし、借金をすれば「ちゃんと返済するために働こう」「借金をしている身だからギャンブルは控えておこう」と意識が変わるものです。

下記の記事で詳しく説明しているので、参考にしてください。

今すぐお金が必要!即日キャッシングで安全かつ簡単にお金を作る方法!

すでに借金のある方は以降の方法を検討してください。

物を売ってお金を作る

私たちの身の回りには必ず売れるものがあります。

すぐにお金にできる保証はありませんが、ひとまず手元になくても生活に困らないものはさっさと売ってしまいましょう。

リサイクルショップや買取専門店に持って行っても良いですし、今はメルカリなど個人間で売買できる便利なサービスもにぎわっています。

働いてお金を作る

急ぎでお金が必要なら即日バイト、即日支払いのバイトで稼ぐのが有効です。

幸い、即日バイトは特定のスキルがなくてもすぐに始められるものが多いため、気力と体力さえあれば、ギャンブルにつぎ込んでいた時間を使って確実に稼げます。

即日バイトでお金を作るのは意外と簡単!即日バイトを選ぶ時のポイントや注意点を一挙に紹介!

即日バイトで自分に合った仕事を見つけてから始めたい方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回はギャンブルでお金を作る怖さ、ギャンブル以外でお金を作る方法などを紹介しました。

ポイントをおさらいしましょう。

  • ギャンブルは胴元が勝つように作られている
  • ギャンブルの還元率は70%~80%程度と低い
  • ギャンブル以外にもすぐにお金を作る方法は沢山ある

以上3点が本記事の要点になります。

「お金が必要だからギャンブルで稼ぎたい!」
「ギャンブルに頼らなくても良い生活を手に入れたい…」

といった人は、この記事を参考にして、ギャンブルで稼ごうという考えを改めてくださいね。

適度に楽しむ分には全く問題ありません。

稼ぐ目的でギャンブルにお金をつぎ込むことに問題があると理解しましょう。

-危険なお金の作り方

Copyright© お金を作るガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.